Français(フランス語)

平成29年の二国間経済協力

藤原駐アルジェリア日本国大使のマスカラ県,オラン県及びアイン・テムシェント県出張

9月24日(日)~9月26日(火)

9月24日から9月26日にかけて,藤原駐アルジェリア日本国大使は,マスカラ県,オラン県及びアイン・テムシェント県を訪問しました。


24日,藤原大使は,レブカ・マスカラ県知事と会談を行いました。続いて,マスカラ知的障がい者支援イフサヌ団体にて,マスカラ県知事,マスカラ県議会議長,マスカラ郡長,マスカラ県社会活動部長の臨席の下,草の根・人間の安全保障無償資金協力の引き渡し式を開催しました。イフサヌ団体は,日本国から供与された38,792ユーロで音楽機材や音響映像機材等を購入し,同団体の活動で使用されます。


25日,藤原大使は,オラン県にあるSGCO社を訪問したのに続き,ベンハラトゥス・オラン工科大学学長等と意見交換を行いました。また,シェリフィ・オラン県知事と会談しました。


26日,藤原大使は,アイン・テムシェント県にあるSGCO社のワイン貯蔵施設を訪問しました。


-このページのトップへ戻る- | -文化行事一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

草の根・人間の安全保障無償資金協力引き渡し式の開催

5月23日(火)

5月23日,当館及びガルダイア県NGOタゲミ(TAGAMI)は,タゲミ本部にて,草の根・人間の安全保障無償資金協力の引き渡し式をブーヌーラ郡長,ガルダイア県社会活動部長,アルジェリア外務省代表の臨席の下,開催しました。タゲミは,日本国から供与された60,694ユーロで白内障患者用の手術用顕微鏡等の医療機器を購入し,当該医療機器は,今後の専門医による白内障巡回診療・手術活動に使用されます。


-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

草の根・人間の安全保障無償資金協力署名式の開催

3月26日(日)

3月26日,在アルジェリア日本国大使公邸にて,草の根・人間の安全保障無償資金協力の署名式が開催されました。今回の協力は,マスカラ県のイフサヌ団体に対し,知的障がい者施設の充実のため38,792ユーロを供与するもので,アルジェリア外務省代表の臨席の下,藤原大使とベナイサ代表との間で署名が行われました。


-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-