Français(フランス語)

平成27年の二国間外交関係

藤原大使のメスレム国民連帯・家族・女性大臣との意見交換

12月17日(木)

12月17日、藤原大使はメスレム国民連帯・家族・女性大臣及びアルジェリア社会で活躍する女性リーダー8名を公邸に招き、「WAW!2015」をはじめとする安倍政権の「女性が輝く社会」に向けた様々な取組みを説明するとともに、日本とアルジェリアにおける女性進出状況や今後のこの分野における二国間協力の強化について協議しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のベルメダ国民議会外交委員会委員長との会談

12月8日(火)

12月8日、藤原大使はアルジェリア国民議会を訪問し、ベルメダ国民議会外交委員会委員長と会談しました。右会談においては、日・アルジェリア議会間交流の強化や国際・地域情勢などについて意見交換が行われました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

平成27年天皇誕生日祝賀レセプションの開催

12月7日(月)

12月7日、藤原大使は、12月23日の陛下誕生日に先立ち、天皇誕生日祝賀レセプションを開催しました。同レセプションには、政府代表ベドゥイ職業訓練・専門教育大臣及びババ・アミ財務大臣付予算担当特命大臣が政府代表として出席されたほか、政府関係者、各国大使館関係者、大学関係者、文化関係者、報道関係者、ビジネス関係者等多岐の分野から約291名の方々に出席いただきました。

冒頭のスピーチにおいて、藤原大使より、本年は終戦70年に当たり、日本は平和国家としての歩みをこれからも貫いていくとともに、世界の平和と繁栄のために、積極的な役割を果たしていくことを述べるとともに、この1年の日本、アルジェリア関係の進展を振り返りつつ、今後、治安、テロ対策面での協議を継続していく、来年のTICADIVの開催に向けて、アルジェリアのインフラ開発分野で具体的な協力プロジェクトを発展させたい、ABEイニシアティブの研修や日本語講座、スポーツ、文化を通じた国民レベルの交流を強化していくことを述べました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のガルダイア県出張

10月10日(土)~13日(火)

10月10日から13日にかけて、藤原大使はガルダイア県へ出張し、11日、メクリ・ガルダイア県知事と会談したほか、ガルダイア大学において、ベルケイール同大学長と会談しました。また、12日には世界遺産に登録されているムザブの街を視察しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のサハラ・ソーラー・ブリーダー第5回日アルジェリア合同調整委員会開会式出席

9月29日(火)

9月29日、藤原大使は、再生可能エネルギー開発センター・太陽機器開発ユニット(UDES)で行われたサハラ・ソーラー・ブリーダー(SSB)第5回日アルジェリア合同調整委員会に出席しました。

SSBプロジェクトは、2010年からJICAと科学技術振興機構(JST)が実施した太陽光で発電した電気を超電導ケーブルを通じて送電する技術を開発するプロジェクトです。

 

本合同調整委員会は、SSBプロジェクトに参加する日・アルジェリアの研究者及びアルジェリアの関係者によるプロジェクトの進捗状況に関する意見交換の場であり、今次会合は、本年11月にSSBプロジェクトが終了するため、5年間の成果報告の場も兼ねての開催となりました。

 

開会式におけるスピーチでは、アルジェリア高等教育省及びオラン科学技術大学の代表者より日本政府の支援に対する謝意が述べられたほか、藤原大使より、これまでのSSBプロジェクトの成果を今後に繋げていきたい、日・アルジェリアの協力の象徴であるSSBプロジェクトが再生可能エネルギーによる経済開発のモデルとなることを願っていると挨拶しました。

  

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

とらやフランスによる和菓子デモンストレーションおよびレクチャー

9月29日(火)~30日(水)

9月29日、藤原大使は、とらやフランスの市原淳子取締役、吉田太上級技術者、またゼルーニ元副首相・元駐日大使、アルジェリア外務省関係者、外交団、ホテル・レストラン関係者、企業関係者等、計98名を大使公邸に招待し、和菓子デモンストレーションおよびレクチャーを開催しました。藤原大使は挨拶において、和食が2013年にUNESCOの無形文化遺産に登録されたことに触れるとともに、和食・和菓子に日本人の価値観や日本の文化、自然の美しさが体現されている旨説明し、今後も異文化交流を通して日・アルジェリア関係を発展させていきたいと述べました。とらやフランスによるデモンストレーションでは招待者にも和菓子づくりに参加してもらい、大きな反響がありました。その後には、公邸料理人による天ぷら等の和食のデモンストレーションも実施し、広く和食のアピールをアルジェリアの方々に行いました。

翌30日には、アルジェ第2大学の日本語コースで日本語を学ぶ学生を対象に、同様にデモンストレーションおよびレクチャーを開催しました。藤原大使は冒頭の挨拶で、本デモンストレーション・レクチャーを通じて、アルジェ第2大学の学生がより日本に興味を持ち、日・アルジェリアの架け橋になってほしい旨発言しました。デモンストレーション後には質疑応答の時間や懇親会の時間も取られ、学生との交流を深める意義深い機会となりました。

   

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使の漁業管理セミナー開会式出席

9月3日(木)

9月3日、藤原大使は、農業・地方開発・漁業省で行われた漁業管理セミナーの開会式に参加しました。同セミナー開催に当たり、藤原大使は杉山JICA水産専門員と共にフェルーキ農業・地方開発・漁業大臣を表敬し、今後の日アルジェリア間の漁業協力について話合いをしました。

同セミナーは、農業・地方開発・漁業省の主催によって行われ、杉山JICA水産専門員や同省関係者が参加しました。

開会式では、藤原大使より、日・アリジェリアの経済協力の歴史に言及しつつ、漁業分野ではJICAが研修を実施しており、2006年には国立高等漁業養殖学院(INSPA)に漁業訓練船等の機材を供与した旨、また引き続き日本の漁業分野での知見を生かし、アルジェリアの漁業の発展に貢献していきたい旨述べました。

   

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のシディ・サイード全国労働者連盟(UGTA)事務局長への表敬

8月24日(月)

8月24日、藤原大使はシディ・サイード全国労働者連盟(UGTA)事務局長を表敬し、日・アルジェリア経済関係の更なる強化や労働組合間の交流について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のヌレディン・べドゥイ内務・地方自治大臣への表敬

8月19日(水)

8月19日、藤原大使はヌレディン・べドゥイ内務・地方自治大臣を表敬し、治安・防災分野における二国間協力の強化について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

ABEイニシアティブ壮行会の開催

8月19日(水)

8月19日、藤原大使は、4名のABEイニシアティブ留学生、元国費留学生、JICA、当地で働く日本企業の方々、アルジェリア経済人を公邸に招き、ABEイニシアティブ壮行会を開催いたしました。藤原大使は、スピーチにおいて今年8月に出発する4名の留学生に対し激励の言葉をかけるとともに、今後も同イニシアティブから多くの留学生をアルジェリアから輩出できること、また本留学生が直接的に、または間接的に両国の経済・文化関係に貢献していくことを期待していると発言しました。次いで、4名の留学生からも両国の友好関係に今後貢献していきたい旨の決意が表明されました。さらに、ゼルーニ元副首相・元駐日大使によるスピーチでは、戦後日本が如何に経済発展を遂げ、国際社会でリーダーシップを取るようになったのかといった歴史への言及がなされた上で、両国の今後の経済関係の深化・発展を希望する旨を発言し、本留学生4名に対し激励の言葉を送りました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のヌリ水資源・環境大臣への表敬

7月9日(木)

7月9日、藤原大使はヌリ水資源・環境大臣を表敬し、水資源開発や気候変動、環境汚染等環境分野における二国間協力の強化について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のブラス国民評議会副議長表敬

7月1日(水)

7月1日、藤原大使は、ブラス国民評議会副議長を表敬しました。会談では、議員間交流の強化や両国共通の関心である地域及び国際的課題について議論しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のハジャル高等教育・科学研究大臣表敬

6月30日(火)

6月30日、藤原大使は、ハジャル高等教育・科学研究大臣を着任表敬し、高等教育・科学技術分野における二国間関係の強化等について協議しました。会談では、日アルジェリアの大学間の交流強化に加え、再生可能エネルギー、耐震技術、宇宙分野での研究協力の促進、日本語学科の設立に向けた協力について話し合われました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のカディ農業・地方開発大臣への表敬

6月29日(月)

6月29日、藤原大使はカディ農業・地方開発大臣を表敬し、灌漑農業や農地改革に関する技術等農業分野における二国間協力拡大の可能性について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のウアリ公共事業大臣への表敬

6月24日(水)

6月24日、藤原大使はウアリ公共事業大臣を表敬し、公共事業分野における二国間協力の強化について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

レダ・ハミアニ氏(前FCE会長、元中小企業大臣)への勲章伝達式の開催

6月14日(日)

6月14日、レダ・ハミアニ氏(前FCE会長、元中小企業大臣)に対する旭日中綬章の勲章伝達式を、大使公邸にて開催しました。ハミアニ氏への旭日中綬章の授与は、本年4月29日に、日本国政府が、ハミアニ氏の日アルジェリア経済関係の強化に対する功績を称えるべく決定したものです。勲章伝達式は、ハミアニ氏の御家族や関係者の方約60名が出席し、温かい雰囲気の中で開催されました。

勲章伝達式において、藤原大使は中小企業大臣やFCE会長としてのハミアニ氏の功績を紹介するとともに、ハミアニ氏が創設したFCEがアルジェリアを代表する企業家団体に発展したことを称え、ハミアニ氏が日アルジェリア関係にまいた種が更に大きく成長していくことを確信していると述べました。

これに対し、ハミアニ氏は、今回の日本政府からの歓迎に謝意を述べるとともに、引き続き二国間の友好と協力の発展のために貢献していきたいと述べました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェ県庁訪問

6月11日(木)

6月11日、藤原大使はアルジェ県庁を訪問し、ズク・アルジェ県知事と会談しました。会談において両者は、2020年の東京オリンピックに向けて、自治体間の交流を始めとする二国間関係の強化等について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のフェラウン郵便・情報通信大臣への表敬

6月9日(火)

6月9日、藤原大使はフェラウン郵便・情報通信大臣を表敬し、人材育成や技術支援等郵便・情報通信技術分野における二国間協力の強化について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

平成27年度自衛隊記念日レセプション開催

6月8日(月)

6月8日、藤原大使は、7月1日の自衛隊創設日に先立ち、自衛隊記念日レセプションを開催しました。同レセプションには、会計検査院長、大統領府、外務省及び国防省等の政府関係者、各国大使、駐在武官、大学関係者、文化関係者、報道関係者、ビジネス関係者等多岐な分野から179名の方々に出席いただきました。

両国国歌演奏後、藤原大使はスピーチを行い、冒頭、本年1月に新たに着任した防衛駐在官を紹介するとともに、日本の防衛省自衛隊の実績とアルジェリアとの防衛分野における関係を展望する上で重要と思われる点を、下記のとおり言及しました。


自衛隊は、約5万人の隊員が約30の平和維持活動のための貢献を実施しており、現在も、ジブチを拠点とした海賊対処に関する活動及び南スーダンにおける平和維持活動に従事している。

アルジェリアは、マリ・リビアの和平仲介を始め、北アフリカ・サヘル地域における安定輸出国として貢献しており、同地域の大国として重要な役割を果たす同国との関係を治安・テロ対策分野での協力を含めたあらゆる分野において強化していきたい。


最後に、藤原大使は、アルジェリアと日本の関係は、1958年のFLN極東事務所の東京開設以降、アルジェリア独立前から長い歴史を有しており、政治、経済、文化の各分野において多面的な関係が発展してきたが、これからは、防衛・安全保障分野においても両国の協力関係を一層発展させていくとともに、今後とも手をたずさえて、世界の繁栄、平和、安定のために貢献していきたいと発言しました。


その他、本レセプションでは、日本企業展示コーナーを設け、来場者に乗用車、バイク、カメラ、顔認証システムを紹介しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

アルジェリア外交団夫人(AFDA)主催チャリティーイベント「インターナショナル・ランチ」への参加

6月5日(金)

日本大使館は6月5日、ヒルトンホテルにて開催されたアルジェリア外交団夫人協会主催のチャリティーイベント「インターナショナル・ランチ」へ参加しました。日本大使館のスタンドは藤原友子大使夫人が代表を務め、大使館スタッフと共に日本食を紹介し、スタンドに並べられた大使公邸料理人による寿司は即時完売となるなど大変好評を博しました。


同イベントには40数か国の大使館が参加し、各国の料理が振る舞われました。同イベントは毎年開催され、収益は全てアルジェリア国内の老後施設や児童障害者施設へ寄付されます。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェリア・サッカー協会訪問

6月4日(木)

6月4日、藤原大使はアルジェリア・サッカー協会を訪問し、ラウラウア・アルジェリア・サッカー協会会長と会談しました。会談において両者は、2020年の東京オリンピックに向けて、サッカーを始めとするスポーツ分野における二国間関係の強化等について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェリア・オリンピック協会訪問

6月2日(火)

6月2日、藤原大使はアルジェリア・オリンピック協会を訪問し、シェリエ・アルジェリア・オリンピック協会会長と会談しました。会談において両者は、2020年の東京オリンピックに向けて、柔道を始めとするスポーツ分野における二国間関係の強化等について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のテブン住宅・都市計画大臣への表敬

6月2日(火)

6月2日、藤原大使はテブン住宅・都市計画大臣を表敬し、耐震技術や建築防災等住宅分野における二国間協力の強化等について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

第48回アルジェ国際見本市の開催

5月26日(火)

5月26日、アルジェSAFEX国際展示場にて、第48回国際見本市の開会式が開催され、藤原大使が同開会式に出席しました。

同見本市は5月27日より6月1日まで開催され、国内外から1,385社の企業が参加し、日本からは日本貿易振興機構(JETRO)と日本政府環境局(JNTO)の他、日本企業7社が参加しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

薗浦健太郎外務大臣政務官のアルジェリア訪問

5月16日(土)~18日(月)

5月16日~18日、薗浦健太郎外務大臣政務官はアルジェを訪問し、ミフビ文化大臣及びベレクシ外務次官と会談し、二国間関係、地域情勢などについて意見交換を行ったほか、進出日本企業関係者と懇談し、二国間の経済関係の深化等について意見交換を行いました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のフェルーキ漁業・水産資源大臣への表敬

5月14日(木)

5月14日、藤原大使はフェルーキ漁業・水産資源大臣を表敬し、人材育成や技術支援等漁業・水産分野における二国間協力の強化について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のバベス社会経済評議会(CNES)議長への表敬

5月12日(火)

5月12日、藤原大使は、バベス社会経済評議会(CNES)議長を表敬し、国連大学を通じた学術交流や再生可能エネルギー分野における二国間協力拡大の可能性について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェリア赤新月社訪問

5月10日(日)

5月10日、藤原大使はアルジェリア赤新月社を訪問し、サイダ・ベンハビレス代表と会談しました。同会談では、日本とアルジェリア赤新月社との協力の強化、特にサヘル地域の難民に対する支援の強化について話し合われました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェ第三大学訪問

4月22日(水)

4月22日、藤原大使はアルジェ第三大学を訪問し、シェリエ・アルジェ第三大学学長と会談しました。会談において両者は、学術分野における二国間関係の強化等について協議しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のフアリ・ブーメディエン科学技術大学(USTHB)訪問

4月21日(火)

4月21日、藤原大使はフアリ・ブーメディエン科学技術大学(USTHB)を訪問し、ベンザフ学長と会談しました。会談において両者は、ロボット工学や耐震技術等の科学技術分野における二国間学術交流の強化等について協議しました。


※BENZAGHOUは、アラビア語ではGHをRと発音するため、ベンザフとした。

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使の2015年アラブ文化首都開幕式典への参加

4月16日(木)

4月16日、藤原大使は2015年アラブ文化首都開幕式典への参加のためコンスタンティーヌ市を訪問しました。藤原大使は、アルジェリア政府主催の夕食会及びアフムド・デイ・ホールで開催された開幕式典に参列した後、アルジェリア劇団による舞台劇「コンスタンチーヌの叙事詩」を鑑賞しました。


アラブ文化首都プログラムはUNESCO及びアラブ連盟の主導による通年文化イベントであり、「2015年アラブ文化首都」の機会に日本はコンスタンティーヌ市及び首都アルジェ市で伝統音楽公演や映画上映会、書道展等の文化イベント開催を予定しております。

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のメスレム国民連帯・家族・女性大臣への着任表敬

4月14日(火)

4月14日、藤原大使は、メスレム国民連帯・家族・女性大臣を着任表敬し、女性の活躍促進、持続的開発といった分野における二国間関係の強化等について協議しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェ第一大学訪問

4月14日(火)

4月14日、藤原大使はアルジェ第一大学を訪問し、ハジャル・アルジェ第一大学学長と会談しました。会談において両者は、学術分野における二国間関係の強化等について協議しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使の経営者フォーラム(FCE)訪問

4月8日(水)

4月8日、藤原大使は、経営者フォーラム(FCE)本部を訪問し、ハダッドFCE総裁と会談しました。


会談で両者は、二国間の経済関係強化のため、投資環境の問題も含め幅広く意見交換を行い、日アルジェリア合同経済委員会の開催について話し合いました。また、アルジェリアの経済多角化の動きや石油価格下落の中で、今後の二国間の経済協力の可能性について意見交換を行いました。

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のコンスタンティーヌ県出張

3月30(月)、31日(火)

3月30日から31日にかけて、藤原大使はコンスタンティーヌ県へ出張し、30日、ウアダ・コンスタンティーヌ県知事と会談したほか、コンスタンティーヌ第1大学において、ジェクン同大学長と会談しました。31日には、エミール・アブデルカデル大モスク及びアフムド・デイ宮殿を視察しました。


-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使への勲章授与式

3月23日(月)

3月23日、フランス政府による藤原大使へのレジオンドヌール授与式がフランス大使公邸にて執り行われました。藤原大使はスピーチにおいて、フランス政府に謝意を表明するとともに、グルノーブルでの研修(1981年)及び過去二度の大使館勤務経験(1994年-1997年、2013年-2014年)を振り返りつつ、引き続き日アルジェリア関係及び日仏ア三国間協力関係の発展に尽力していきたいと発言しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

谷本歩実柔道金メダリストによる柔道レクチャー及びデモンストレーション

2月27日(金)、28日(土)

2月27日から28日にかけて、谷本歩実日本女子柔道オリンピック二大会連続金メダリスト及び谷本育実選手がアルジェを訪問し、2020年東京オリンピック選手候補に対するレクチャー及びデモンストレーションを実施するとともに、アルジェリア・スポーツ省幹部、オリンピック協会関係者等と日・アルジェリアのスポーツ分野の交流強化につき、意見交換を行いました。2日間のレクチャーには、若手女子アルジェリア・ナショナルチーム及び各県柔道クラブの生徒、約120名が集まり、谷本選手による指導を受けました。28日には、大使公邸にて歓迎レセプションが開催され、藤原大使は挨拶において、1964年の東京オリンピックにアルジェリアから体操のモハメド・ヤマニ氏が初めて出場した、アルジェリアはアフリカにおいて最も柔道が盛んな国のひとつであり、谷本選手の本訪問を契機に2020年東京オリンピックに向けて両国のスポーツ分野での交流を促進していきたいと述べました。レセプションにはマティ・アルジェリア柔道連盟会長をはじめ当地スポーツ関係者、在留邦人が集い、谷本選手のアルジェ訪問を歓迎しました。




-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

フランス駐在日本企業関係者のアルジェリア訪問

2月22日(日)~25(水)

2月22日から25日にかけて、アルジェリア市場の理解を深めることを目的に、フランス駐在日本企業関係者一行がアルジェリアを訪問しました。


アルジェリア滞在中、フランス駐在日本企業関係者一行は、藤原大使と共に、ベンユネス商務大臣、ラクサシ・アルジェリア中央銀行総裁、ベジャウィ財務省国際経済財政関係局長、マンソリ投資開発庁長官を訪問し、アルジェリアの経済政策等について意見交換を行いました。

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

巡回展「武道の精神:日本武道の歴史」開催

2月18日(水)~3月10日(火)

2月18日から3月10日にかけて、国際交流基金と在アルジェリア日本国大使館の共催事業である展示会「武道の精神:日本武道の歴史」をアルジェ市ライ宮殿芸術文化センター(バスション23)において実施しました。古来日本の武具から現代武術の道具の展示を通し、日本武道の歴史を紹介する同展示会には延べ1500名の来場者が訪れ好評を博しました。


2月18日の特別公開記念式典には、ゼルーニ元副首相、ゲナッド外務省アジア大洋州局長、ベンシェリフ駐日大使、アルジェリア駐在各国大使他、多くの要人が集い公開を祝いました。藤原駐アルジェリア日本国大使はスピーチにおいて、日本の武道は単なる戦いの技術ではなく、肉体と精神の調和や相手への尊敬、思いやりを重視していること、そして日本人とアルジェリア人はともに平穏と平和を求めるという価値観を共有していること、現在、多くのアルジェリア人が柔道や空手などの日本伝統武道を習っているが、同展示会を契機に日・アルジェリア間のスポーツ・文化交流が促進されることを期待しますと述べました。その後、アルジェリア人合気道家による合気道デモンストレーションを実施しました。

-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使の国連薬物・犯罪事務所(UNODC)主催セミナー開会式出席

2月10日(火)

2月10日、藤原大使は、アルジェのホテル・エルジャザイールにて、国連薬物・犯罪事務所(UNODC)の主催する「資産凍結を含むテロリストへの資金供与対策に関する安保理決議の内容の適用及び実施」に関するセミナーの開会式に出席しました。


同セミナーは、平成25年度対アルジェリア・紛争予防・平和構築無償資金協力「テロ対策法制度強化計画(UN連携/UNODC実施)」の枠組みで、日本からの援助により実施されたものです。


同セミナーは、10日~11日の2日間行われ、アルジェリア外務省、UNODC関係者のほか、アルジェリアの内務省、治安関係者等約35名が参加し、資産凍結を含むテロリストへの資金供与対策に関する安保理決議の内容をアルジェリア国内において適用することを目的として2月初旬に関連法の改正が行われたことを受け、右法制度を実際にどのように運用していくかに関し情報・意見交換が行われました。


開会式におけるスピーチでは、アルジェリア外務省及びUNODCの代表者より日本政府の支援に対する謝意が述べられたほか、藤原大使より、日本は、アルジェリアとの間で2013年に治安・テロ対策協議の枠組みを設置し、不安定な北アフリカ・サヘル地域において、地域の安定供給国たろうとするアルジェリアと、テロ対策分野における協力を更に強化していきたい旨述べました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のアルジェリア西部出張

1月26日(月)~29日(木)

1月26日、西部出張初日、藤原大使はトレムセン県を訪れ、サシィ・トレムセン県知事と会談しました。続いて、トレムセン大学を訪れ、グアリ学長との会談及び応用生物分子・免疫学研究所を視察しました。

1月27日、藤原大使はアルズ-工業地帯を訪れ、日本企業関連施設である大規模肥料コンプレックス(三菱重工)、LPGプラント(IHI、伊藤忠)、HYPROC社(商船三井、伊藤忠)を視察しました。

1月28日、藤原大使はオラン県を訪れ、デルドゥール・オラン科学技術大学(USTO)学長及び初代学長ラズレグ教授と会談したほか、両国共同プロジェクトであるサハラ・ソーラー・ブリーダー計画(SSBプロジェクト)関連施設を視察しました。同日午後、県庁にてザルヌ・オラン県知事と会談した後、コティディアン・ドラン新聞社を訪問、ベナブー社主との会談及び対面インタビューを実施しました。

1月29日、西部出張最終日、藤原大使はマスカラ県を訪れ、ジトゥニ・マスカラ県知事と会談したほか、アルジェリア建国の父であるエミール・アブデルカデル縁の地や同氏の記念博物館、国営葡萄酒工場(ONCV)を視察しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使による新年会挨拶

1月20日(火)


1月20日(火)、藤原大使は新年会の挨拶で、今年の抱負として、昨年同様、厳しいビジネス環境の中で日々ご苦労されている日本のビジネス界の方々を初めとして、アルジェリアにおられる日本人の方々を支援していきたいと述べました。そのうえで、日本とアルジェリアの関係は本来あるべき水準には至っていないとして、本年は昨年11月にブーテフリカ大統領に信任状を奉呈した際、大統領からいただいた具体的な提案を少しでも前進させ、日アルジェリア関係強化に取り組んでいきたいと述べました。また、年初のパリにおけるテロ事件、イラクやシリアにおける戦闘、リビアやマリ等サヘル地域の不安定な状況等が続いており、大使館としても邦人の皆様の安全には引き続き万全の対策をとるが、邦人の皆様にも十分注意をしていただきたいと述べました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使の国防省への着任表敬

1月14日(水)


1月14日(水)、藤原大使は小林防衛駐在官と共にゼナクリ国防省事務次官及びメクリ対外関係局長を着任表敬しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のウルドゥ・ヘリファ国民議会議長への着任表敬

1月12日(月)

1月12日(月)、藤原大使はウルドゥ・ヘリファ国民議会議長を着任表敬しました。



-このページのトップへ戻る- | -外交関係一覧へ戻る- | -トップページへ戻る-

藤原大使のモハメド・ジェラブ財務大臣への着任表敬

1月11日(日)

1月11日(日)、藤原大使はモハメド・ジェラブ財務大臣を着任表敬し、財務分野における二国間関係の強化等について協議しました。